隠れ家を排除|危険な生き物がいる|イタチ駆除をして安心できる毎日を送ろう

危険な生き物がいる|イタチ駆除をして安心できる毎日を送ろう

作業員

隠れ家を排除

ゴキブリ

生活しにくい環境を

一般的にゴキブリは一匹見かけたら百匹いると思え、と例えられることがあるように、集団で住処に隠れて言えることが多くあります。また、この表現は、ゴキブリが目につきにくい場所にいる、ということを示しており、その習性を知らなければ、存在していることにさえ気が付きません。そのため、存在に気が付くのは、糞が落ちていることや、仕掛けていた捕虫シートにつかまっているの見かけた時ぐらいです。ゴキブリ駆除の基本は、居心地の悪い環境を作り上げることであり、大量発生しないうちに、居場所の悪い場所に変えていく必要があります。ポイントは、水分、餌といった体を維持するために必要なものを排除するとともに、隠れ家を徹底的になくすことが大切です。

気門が急所

ゴキブリ駆除にあたっては、見えない敵と戦うこととなるため、まずはトラップを仕掛けておくことで、どの場所に多くのゴキブリがいるかを把握することができます。ゴキブリの捕獲数が多いところは、侵入箇所もしくは隠れ家といえ、底を中心にゴキブリ駆除計画を練っていくことです。次に、可能であれば、隠れ家と思われる場所に噴霧式の殺虫剤をかけていき、ゴキブリが追い出されて出てくる場所を確認します。多くのゴキブリがいる場所であれば、この方法で複数匹のゴキブリを確認することができるので、その場所を中心に集中的に殺虫剤を投入することです。ゴキブリ駆除中に出てきたゴキブリをより早く退治するためには、体の側面にある、気門に薬剤が当てることが大切です。そうすると、一気に弱ることが知られており、そのため、薬剤噴霧する際は、上からより横から腹側に薬剤をかけることを意識すると、より効果が期待できます。